Nintendo

INTELLIGENT SYSTEMS

よくある質問

よくある質問の検索

対象
キーワード
収録
カードNo.
更新日付

▲詳細検索

検索

全質問一覧

■ 自分のターン開始時、味方に『ラグナの天馬姫 セルディア』と主人公の『世界一の騎士 ガント』がいる場合、どうなりますか?

『セルディア』の『天翔ける想い』と『ガント』の『新生ガント参上!』を好きな順で実行することができます。(『セルディア』の『天翔ける想い』は実行しなくても構いません)

■ 自分のターン開始時、デッキからカードを1枚引くのと、味方の『ラグナの天馬姫 セルディア』の『天翔ける想い』を実行するのは、どちらが先になりますか?

『セルディア』の『天翔ける想い』を実行するのが先になります。そのため、『天翔ける想い』を実行する場合、デッキの1番上にカードを置いた後、そのカードを引くことになります。

■ 『頼れる傭兵隊長 ディーク』の『戦場の心構え』は、『ディーク』が前衛にいなければ発動しませんか?

いいえ、『ディーク』が前衛と後衛のどちらにいても発動します。

■ 支援スキルの『暗闇の紋章』の効果で、相手が手札の『クリミアの副宰相 ユリシーズ』を退避エリアに置き、『ユリシーズ』の『クリミア一の策士』が発動しました。その効果で、自分の手札の『大いなる皇女 ヴェロニカ』を退避エリアに置いた場合、『ヴェロニカ』の『宿命を越えて』は発動しますか?

いいえ、発動しません。退避エリアで発動した『ユリシーズ』の『クリミア一の策士』は、『宿命を越えて』に書かれている「敵のスキルか相手の支援スキル」に含まれません。

■ 敵の『闇まとう魔道少女 デューテ』の『死の微笑』の効果で、自分の手札の『大いなる皇女 ヴェロニカ』が2枚退避エリアに置かれた場合、どうなりますか?

まず、退避エリアに置かれた2枚の『ヴェロニカ』のうち、どちらか1枚の『ヴェロニカ』の『宿命を越えて』を実行し、自分の手札が4枚になるまでカードを引きます。その後、もう1枚の『ヴェロニカ』の『宿命を越えて』を実行しますが、既に手札が4枚であるため、それ以上カードを引くことはできません。

■ 敵に『大いなる皇女 ヴェロニカ』がいる場合、自分の絆カードの『あらためてペガサス エマ』の『天空の絆』を使用して味方を移動させることはできますか?

いいえ、できません。

■ 敵に『大いなる皇女 ヴェロニカ』がいる場合、支援スキルの『天空の紋章』の効果で味方を移動させることはできますか?

いいえ、できません。

■ 味方の『鏖殺の魔女 スラシル』の『鏖書 イーヴィングル』のコストで、相手のオーブを破壊することはできますか?

いいえ、できません。

■ 味方に『鏖殺の魔女 スラシル』がいる状態で、味方の『霧の妖婦 ロキ』の『悪戯な毒霧』を使用した場合、どうなりますか?

その場合、『悪戯な毒霧』の「相手の手札が5枚以上の場合、相手のオーブを1つ選び、退避エリアに置かせる。」の部分は実行することができます。ただし、味方の『スラシル』の『逃れられぬ定め』が有効であるため、相手は手札をオーブに追加することはできません。

■ 敵に『鏖殺の魔女 スラシル』がいる状態で、味方のレベルアップしている『金翼の王子 アルフォンス』の『英雄の解放』を使用した場合、どうなりますか?

その場合、『英雄の解放』の「自分のオーブを1つ選び、公開して、出撃させる。」の部分は実行することができます。ただし、敵の『スラシル』の『逃れられぬ定め』が有効であるため、「自分のデッキの1番上のカードをオーブに追加する。」の部分は実行することができません。