Nintendo

INTELLIGENT SYSTEMS

よくある質問

よくある質問の検索

対象
キーワード
収録
カードNo.
更新日付

▲詳細検索

検索

全質問一覧

■ 味方の『破滅と絶望の竜 ギムレー』の『破滅の罰』の効果でレベルアップしている敵を無限エリアに置かせる場合、その敵の下に重ねられているカードもすべて無限エリアに置かれますか?

はい。すべて無限エリアに置かれます。

■ 味方の『獅子心の騎士王 エルトシャン』の『闇を裂く聖刃』の効果で追加した2回目の絆フェイズ開始時に、自分の退避エリアにある『未来からの来訪者 ルフレ(女)』を『時空を越える邪心』の効果で出撃させることはできますか?

はい、できます。

■ 敵の『黎闇の魔道王 レオン』の『ダーク・サイレンス』の効果で、<魔法>の味方が撃破されました。その次の自分のターン中、自分の主人公が<魔法>の場合、手札にある『時の迷い子 マーク(女)』を出撃させることはできますか?

いいえ、できません。『時の迷い子 マーク(女)』の『無限の可能性』は特殊型スキルであるため、『マーク(女)』が手札にある状態でも有効になります。自分の主人公が<魔法>の場合、手札にある『マーク(女)』も<魔法>を得ているため、出撃させることはできません。

■ 敵に『黎闇の魔道王 レオン』がいる状態で、味方の『料理上手な娘 モズメ』の『全身全霊の狩り』を実行するためのコストとして、『モズメ』を撃破しました。この場合、敵の『レオン』の戦闘力が『暗黒剣を継ぐ者』の効果で80以上になり、『全身全霊の狩り』の効果で『レオン』を選んで撃破できるようになりますか?

いいえ。できません。この場合、まず、起動型スキルの『モズメ』の『全身全霊の狩り』のコストを支払い、効果を実行します。その効果の終了後、誘発状態にある敵の『レオン』の『暗黒剣を継ぐ者』が実行されるため、『全身全霊の狩り』の効果で戦闘力が80以上の敵を1体選ぶ時点では、『レオン』の戦闘力はまだ80以上になっておらず、撃破することはできません。

■ 『魔性の黒翼 インバース』の『狂楽の宴』を実行するためのコストとして、後衛にいる味方の『封印されし女神 ユンヌ』と『正の女神 アスタルテ』を選びました。この場合、『ユンヌ』と『アスタルテ』は『聖でも邪でもないもの』の効果で撃破されませんが、『狂楽の宴』の効果でカードを2枚引くことはできますか?

いいえ。その場合、『狂楽の宴』を実行するためのコストとして選んだ『ユンヌ』と『アスタルテ』が撃破されなかったため、コストを支払ったことにはならず、カードを2枚引くことはできません。

■ 味方の『教団最強の使徒 ???』を『教団最強の駒 ???』へクラスチェンジさせたり、『教団最強の駒 ???』を『教団最強の使徒 ???』へクラスチェンジさせることはできますか?

はい、ユニット名が同じであるため、どちらの場合でもクラスチェンジさせることができます。

■ 自分の前衛に主人公の『凍土に咲く氷華 フィヨルム』がいて、相手の前衛に主人公の『白き光風の王子 タクミ』と主人公以外のユニットが1体いる場合、相手のターン開始時、『フィヨルム』の『氷の聖鏡』と『タクミ』の『風巻く地平』はどちらが先に実行されますか?

2つの自動型スキルが同じタイミングで誘発状態になった場合、ターンプレイヤー側のスキルから先に実行されます。そのため、先に『タクミ』の『風巻く地平』が実行され、その後に『フィヨルム』の『氷の聖鏡』が実行されます。(『氷の聖鏡』を実行する段階で後衛の敵がいるため、『フィヨルム』の戦闘力は+20されません。)

■ 味方が敵の『狡猾なる竜将 ナーシェン』を攻撃して、『援護の紋章』を持つ支援カードが自分の支援エリアに置かれました。その戦闘で『狡猾なる竜将 ナーシェン』を撃破した場合、攻撃した味方を『援護の紋章』の効果で移動させることはできますか?

いいえ、できません。「戦闘終了時、(A)」と書かれている支援スキルは、その支援スキルを実行するタイミングと(A)を適用するタイミングが異なります。支援スキルを実行する時(支援エリアに支援カードが置かれた時)に、敵の『ナーシェン』の『策士の哄笑』が有効である場合、『援護の紋章』は失われており実行することができないため、その戦闘で『ナーシェン』を撃破したとしても、戦闘終了時に(A)を適用することはできません。

■ 味方の『白き竜血を引く王子 リョウマ』が『雷を御す力』を実行して『リョウマ』に射程1−2が追加されました。この時、味方の『闇の去り行く暁 カムイ(男)』にも射程1−2が追加されますか?

いいえ、追加されません。『カムイ(男)』にも射程1−2を追加したい場合、『竜血の共鳴』の効果で得ている『雷を御す力』を『カムイ(男)』自身が実行する必要があります。

■ 『二人の英雄』が有効になっている味方の『碧風の優王女 エイリーク』または『碧空の勇王 エフラム』が敵の『破滅と絶望の竜 ギムレー』の『破滅の罰』の効果で選ばれた場合、『エイリーク』または『エフラム』を『二人の英雄』の効果で戦場に残すことはできますか?

いいえ、できません。『ギムレー』の『破滅の罰』はユニットを撃破する効果ではないため、「撃破されたこのユニットが退避エリアに置かれる場合」という条件が書かれている『二人の英雄』の効果は適用することができず、『エイリーク』または『エフラム』は無限エリアに置かれます。