Nintendo

INTELLIGENT SYSTEMS

よくある質問

よくある質問の検索

対象
キーワード
収録
カードNo.
更新日付

▲詳細検索

検索

全質問一覧

■ 『黒き竜騎士 ハール』の『昼寝』を使用した時、味方を1体も移動させないことはできますか?

はい、できます。 「味方を1体まで」選ぶ場合、1体も選ばないことができます。

■ <竜>の敵がいない場合、『可憐な盟主 リリーナ』の『業火の理 フォルブレイズ』を使用することはできますか?

はい、できます。

■ 『清真女王 エリンシア』の『女王の激励』で、『エリンシア』自身を選ぶことはできますか?

はい、できます。

■ 相手のターン中でも、味方の『炎の如き忠騎 アレン』の『猛炎の双撃』は発動しますか?また、同じターン中にもう一度『ランス』に支援された時、『アレン』の戦闘力はさらに+20されますか?

はい、発動します。 また、同じターンに再度『ランス』に支援された場合、再び『猛炎の双撃』が発動し、『アレン』の戦闘力は+20されます。

■ 後衛の敵が1体もいない場合、『武者修行の剣士 ワユ』の『勝負してくれない?』を使用することはできますか?

はい、できます。

■ 味方の『蒼炎の勇者 アイク』が相手の主人公に攻撃して『天空』を発動し、相手が手札の『氷のメイド フローラ』の『間に合いました』を発動した場合、どのような処理になりますか?

『アイク』が『フローラ』を攻撃します。 同じタイミングで2つ以上の自動型スキルや特殊型スキルが発動した場合、ターンプレイヤーから先に実行します。そのため、『天空』で主人公以外の敵を2体撃破した後、『フローラ』が出撃し、 『お役に立てましたか?』が発動します。 『天空』の効果で『フローラ』を撃破することはできません。

■ 『リキア一の騎士 エリウッド』の『白馬の君主』は、後衛の敵がいない状態で使用することはできますか?

はい、できます。

■ 味方の『笑顔のソーサラー ヘンリー』が『死の呪い』を使用し、相手が『クリミアの副宰相 ユリシーズ』を手札から退避エリアに置いた場合、『ユリシーズ』の『クリミアーの策士』は発動しますか?

はい、発動します。 『死の呪い』のコストにより撃破された『ヘンリー』が退避エリアに置かれるのは、スキルの効果を実行した後となりますので、『ユリシーズ』は敵のスキルによって退避エリアに置かれたことになり、『クリミアーの策士』が発動します。

■ 相手の『クリミアの副宰相 ユリシーズ』の『クリミア一の策士』が発動した時に、自分の手札から『記憶をなくした軍師 ルフレ(男)』を退避エリアに置いた場合、『巧みな軍略』は発動しますか?

いいえ、発動しません。 「敵のスキルか相手のカードの支援スキル」とは、戦場に敵として配置されているユニットのスキルか、相手の支援エリアに置かれたカードの支援スキルを指します。 そのため、退避エリアで発動した『クリミア一の策士』は「敵のスキルか相手のカードの支援スキル」にあたらないので、『巧みな軍略』は発動しません。

■ 味方の『護りの騎士 ドーガ』が、『ソニックソード』が有効になっている『聖心の戦乙女 ミスト』に攻撃されている場合、『ドーガ』の『重装の心得』は有効になりますか?

いいえ、有効となりません。 「<魔法>以外に攻撃されている場合」とは、<魔法>を持たない敵から攻撃されている場合を意味します。 そのため、<剣>と<魔法>の両方を持つ敵から攻撃されている場合、『重装の心得』は有効になりません。